永遠スリープする前の夢

自らの意思で、体の機能を停止することになった
緩やかに衰弱させて死んでいく方法らしい
バスタブ状の多機能な寝台に横たわっている

気づくと、声が聞こえる
「角膜はとった・・・」
取り外した生体パーツについて話しているようだ
再利用できる部分は再利用する?

意識が残っている
声は聞こえるし、声から状況はイメージできる
聞こえる
「来週寝てもらう」
「寝なくても食事は流し込む、でおしまい」
・・・話が違う。。。

もう意思の疎通はとれない(方法がない)
自分がどういう姿になってしまったのかは分からない