丁稚奉公の夢(はつゆめ)

★場面1★
りなりすは、10才くらいの少年
知らないお店で働いている
お客さんについて取り次ぐのが少年の仕事
店主は厳しそうな老人で、商品は高そうな布

お客夫婦が平積みされた金布で分厚い布を見ている
動物(虎?)の姿が見えた
何かやり取り(記憶損失)して、店主に取り次ぐ

店主はお客夫婦を別コーナーに誘導
引き戸を開けるとガラス張りで商品が吊るされている
お客夫婦とやりとりしている
店主「その図案は設計書の在庫がないので出来ない」
店主「設計書があるものならできる」

展示コーナーは3面ある
商品は絢爛なデザインで大きい(2m*3mぐらい)
横のほうに小さいサンプル(1.5m*1mぐらい)
青色の富士山のサンプルが3つ縦に並んでいる
3つは解像度が異なる、設計書も置いてある

 

★場面2★
閉店後の店内を掃除している
店主は、墨のような液体で床をモップがけしている
その後について雑巾で床をふき取るように(と言われた?)
でも、りなりすは雑巾の使い方が分からない。
ちょっと年上の少年が使い方を見せてくれたので、
りなりすも見よう見まねで雑巾がけをはじめる

 

店主「出身はどこか?」
頭の中で地図を思い出す・・・東アジア、金という文字?
店主「ふむ、満蒙のあたりか」

りなりすは1度も言葉を発していない